西原良三さんが考える大人になってからの長靴

バナー

西原良三さんが考える大人になってからの長靴

子供の頃は、雨が降ると長靴を履いていました。段々年齢を重ねていくと、長靴を履く機会は減っていきました。
いつもの靴を雨でも履いて、靴の中が大変になっています。

その話を西原良三さんにしたら、今の長靴は使い勝手もいい。仕事の時も通勤時だけ履くようにすると、荷物は増えるけど濡れないから便利だぞ?と言われました。
西原良三さんも以前は雨でも少し雨対策をしていた靴を履いていたそうです。ですが、それでも水たまりに入ると悲惨なことになっていたそうです。
同僚に勧められて長靴を買って履くようになってからは、とても快適になった!と話してくれました。そこまで言われたら、買ってみようと思いこの前長靴を購入。
タイミングがいいのか、次の日が雨だったので早速履きました。

今では、色んな種類の雨用の長靴があるんですね。私はショートブーツタイプを選びました。実際に雨の日に履くと…これが非常に便利です。
まず濡れないので、靴の中が大変になることがありません。次に、雨や水溜りを避けなくてもいいのが、精神的に楽でした。
濡れない・気が楽というのが、なんと快適なことか!西原良三さんのアドバイスを受け入れて正解でした。もっと早く買っておけばと後悔です。
大人になってからの長靴、便利で重宝しますよ。まだ持っていない方は、買うことをオススメします。とても快適になりますよ!

Copyright (C) 2016 西原良三さんが考える大人になってからの長靴 All Rights Reserved.